topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展望台 - 2014.03.11 Tue

3月7日にグランドオープンの「あべのハルカス」。

今日ちょうど機会がありまして、地上60階の展望台に行ってまいりました。
地元だし、わざわざ行くことはないだろうな~、と思っていたのです。 が。

行ってみると、思っていた以上に良かったです!

ちょうどお天気も良く、かなり遠くまで見ることが出来ました。
写真は大阪湾の方面。
うっすら明石海峡大橋らしきものも見えたのですが、写真では分かりづらいでしょうか…?

1500円(日時指定は2000円)という料金は少々悩みどころではありますが、その価値はあるんじゃないかなと思います。

もし行く機会がありましたら、
上がりのエレベーターでは上を見て上がってみてください。キレイですよ!
そして、ぜひ覗いてみていただきたいのは「お手洗い」(笑)
大きな鏡に絶景が写り込んで素敵でした!

あべのハルカス展望台





さて。
お話がかなり変わります。


3月11日。

といえば、皆さま思い浮かべるのは同じことだと思います。
テレビや新聞でもたくさん取り上げられていますね。

大阪生まれで現在大阪に住んでいる私ですが、当時は東京で働いていました。
地震発生時はちょうどミシンを踏んで仕事中。
東京でもかなり揺れたのですが、その後テレビで東北の様子を見て愕然としたのを覚えています。

その日は電車も止まり、家に帰れず仕事場に泊まりました。
置いてあった毛布をかぶって、念のため机の下に潜りこみ横になって一晩。

その後も続く余震だったり、連日のニュースや音楽の鳴らないラジオ。
品切れで何もなくなったコンビニの棚、「自粛」「節電」「計画停電」…。

なんだか悪い夢が続いているような、不安な気持ちがずっと胸のどこかにありました。
被災地の方のお気持ちは、そんなものではなかったと思います。

その後大阪に帰阪し、物理的に距離が離れたこともあって身近に感じる機会は減りました。

ですが、「悪い夢」なんかではなくて現実で、今もこれからもずっと続いていきます。
帰れない家や放射線、原発、高台への移転…。
たくさんの問題が続いていきます。

何か出来ることは?と思っても、自分に何が出来るのかも分かりません。
それでも関心を持ち続けること、遠い場所のことにしてしまわないこと。
それは、「いつか」また来る災害から自身やまわりを守ることにもつながっていくのかなとも思います。

3年という区切りに意味はないかもしれませんが、あらためて向き合うひとつのきっかけとして、そんなことを考える一日でした。








スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ichhi.blog.fc2.com/tb.php/84-098c88e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「OSAKAアート&てづくりバザール vol.15」 «  | BLOG TOP |  » 健康第一

プロフィール

sakie kimura

Author:sakie kimura
コンセプトは「身につける物語」

どこかにある街の片隅。
小路を抜けた先。
静かに佇む、小さな空想のお店。

扉の向こうで作られているのは、
いろんな素材を組み合わせた手刺繍のアクセサリー。

そのひとつひとつに優しい物語を閉じ込めて、
そっとあなたにお届けします。

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

イベント情報 (68)
お知らせ (84)
作品紹介 (3)
雑記 (45)
本のはなし (3)
過去作品紹介 (9)
はじめまして。 (1)

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。